« 春の味覚 | トップページ

2008年3月19日 (水)

十六羅漢岩

Photo 遊佐町にある「十六羅漢岩」です。

稚内のおじさんと行きました。昆布漁を長年してきたということで80歳近くなってもこの体です。海が似合う穏やかでおおらかな人です。

Photo_2この羅漢だけが天を見上げていました。なんともいえないありがたい顔・・・

すかさず駆け寄りました。

鳥海山(標高2,236m)がその昔、火山活動活発だった頃、火口から流れ出て日本海まで流れ出た溶岩は、複輝石安山岩で、この溶岩に刻まれたものが十六羅漢です。

遊佐町のJR東日本羽越本線の吹浦駅から西北に約1Kmの海岸にこの名勝「十六羅漢」が日本海に突き出たかたちであります。

吹浦は、もともと漁村だったところで、多くの漁師が日本海の荒波に命を失ってきたのに胸を痛めた、海禅寺の第21代住職寛海和尚が、海難事故による諸霊の供養と海上の安全を祈り、衆生を救わんと、羅漢の造仏を念願して、発願したのが元治元年(1864)、
そして、明治元年(1868)ようやく22体の磨崖仏を完工しました。

16の羅漢に釈迦牟尼、文珠、普賢の両菩薩、観音、舎利仏、目蓮の三像をあわせて21体といわれています。

私はすべて探すことができませんでしたが、一説には22体は陸から見えるが、残り1体は海上からしか見えないという噂も・・・

ぜひ挑戦してみてください!MAP

|

« 春の味覚 | トップページ

コメント

Every one knows that humen's life seems to be expensive, but people need cash for various stuff and not every one earns big sums cash. Thus to receive fast mortgage loans and just small business loan would be a right solution.

投稿: GUZMANMaritza21 | 2011年7月30日 (土) 13時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107040/11499108

この記事へのトラックバック一覧です: 十六羅漢岩:

« 春の味覚 | トップページ