2008年3月18日 (火)

春の味覚

Dsc00756 白蟹(しらがに)です。生きています!

漁師さんからいただきました。

この蟹は、身を食べるというよりダシですね。

甲羅を半分に割って水からゆでると黄色のダシが出て、おいしい味噌汁になります。

味は渡り蟹よりあっさりしている感じです。甲羅も柔らかいのでかじって味わいます。(飲み込みませんが・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

庄内雛街道<傘福>

052_2酒田にある”旧山王クラブ”に展示されている「傘福」です。

傘福とは海路で酒田湊が隆盛をきわめた頃、いわれは定かではありませんが、庶民の切なる願いを観音堂に奉納し、またお祝い事のときは、それぞれの意味合いの飾り物を傘先にさげ、幸せを願ってお祈りした風習が残っているそうです。

九州の柳川(さげもの)、静岡の稲取(吊るしびな)は全国的にも有名です。

Photo_4 Photo_5

114

 

  

 

素材は正絹、ちりめん、銘仙さまざまでした。このようにハギレで作れたらとっても素敵だと思います。

干支はもちろん、刈谷の幸水梨や、庄内砂丘メロン、まっか大根、庄内柿、庄内米!?おむすび、なすびなど郷土の食べ物がたくさん吊るされていて、食いしん坊の私はとっても親しみがわきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月17日 (火)

湯野浜海岸

0417_8 4月17日の夕方です。

とてもきれいな夕日がでました。これから秋にかけて幾度となくすばらしい夕日が見れることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年1月15日 (月)

玉川寺 -ぎょくせんじ-

Dsc00016_1山形県鶴岡市羽黒にある玉川寺。

今から凡そ7百有余年前の鎌倉時代(1251年)に開かれた曹洞宗(禅宗)の寺院です。

誰言うことなく“花の寺”と呼ばれるようになり、春のサクラ、初夏のツツジ・クリンソウ・ハナショウブ、秋にはハギ・シュウメイギクの花が、境内に咲きほこります。
全国でも珍しい九輪草の純群落があり、境内一面に咲く赤、白、桃色の花が群がり咲く光景は心があらわれます。(見頃は5月中旬~6月初旬)

写真は遠慮して一角。詳しくは玉川寺HPにて覧いただきたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

エキゾチック街道

Photo 長いことほっぽらかしにしておきながら、なにくわぬ顔でつづります・・・

お正月、月山道(国道112号)を山形方面に向かっている時の一コマ

途中、朝日の米の粉のドライブインで、串焼きと缶ビールを買ってトラックに乗り込んだ親父さんがいまして・・・一瞬おかしなものを見たような気がしましたが、自分の飲み物のことで頭がいっぱいで、それはすぐ忘れていました。

しかし!山形方面に車を走らせ追い越し車線にさしかかった時!!

先ほどの見覚えのある車。あの親父さんが串焼きをほおばりながら悠々と運転しているではありませんか!?私たちをはじめ何台もの車を優雅に追い越させながら・・・(汗)

あ~エキゾチック月山道

絶対一杯やっていたはず

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

お昼寝

Dsc00077_1ある日の午後

釣りにきましたが、あまりの天気に

つい うとうと ZZZ・・・

湯野浜の海岸(テトラポットの上)から、酒田と鳥海山を望み、30分・・・いや1時間

         

こんなエコ車、いやソーラーカーのような自分ですが、たまにアクセルを踏みながら、少しずつ綴っていきたいと思います。

            

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年5月30日 (火)

巨大ナメクジ!?

Dsc00061_1湯野浜のサイクリングロードでお散歩の途中・・・

で~っかいナメクジ!?を発見!

子供の手より大きい。ナメクジ・・・か?

湯野浜のサイクリングロードは、電車(庄内交通・湯野浜線)跡地に出来たもの。写真集もでてるみたいです。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年5月24日 (水)

はじめまして

Dsc00019_4 山形~庄内~鶴岡~湯野浜

いろいろなことを発見していきたいと思います。

八幡「玉簾の滝」 

落差63m・幅5mの県内随一の高さを誇る直瀑。断崖絶壁から流れ落ちる水が、陽の光で玉の簾にように見えることから、この名がついた優美な滝。春と夏にはライトアップされる期間があり、幻想的な姿が楽しめます。

ライトアップ期間:4月29日~5月6日、8月12日~19日


| | コメント (0) | トラックバック (0)